任意接種

任意接種  自費負担で接種するワクチン

 

ロタウイルスワクチン Link

ワクチン名

ロタリックス(ロタテック)

接種方法

経口接種(飲むだけです)

接種年齢

生後6週から24週(32週)(およそ5か月半)まで:4週以上の間隔で2回(3回)
1回目は15週(およそ3カ月半)までに済ませます(腸重積などの合併症を防ぐために、15週未満での接種が勧められております)

その他

任意接種(現在のところ自費接種で公的補助は受けられません)

ロタウイルスワクチンはどんな病気を予防するの?

こどもの下痢やそれに伴う嘔吐が起こる病気で、ウイルス性胃腸炎(一般的には嘔吐下痢症で知られています)を起こします。このウイルス性胃腸炎の中で最も重症になりやすいのがロタウイルスによる胃腸炎です。水のような下痢が何回も続き、それに嘔吐が伴うと脱水になることもあります。ロタウイルスは3-5歳ころまでに何回かかかることもあります。重症の場合は点滴しても死亡することもあります。また、繰り返すけいれんや脳炎などを起こすこともあります。感染力が強く、保育所などでもあっという間に流行します。手洗いなどは重要ですが、感染を抑えることはほとんどできません。根本的な治療がないために、ワクチン開発が望まれていましたが、欧米では数年前からワクチンが使用され、効果をあげています。

ワクチンの効果と安全性は?

ロタウイルスによる嘔吐下痢を防ぎ軽くして、点滴や入院が必要な重症例を90%ほど減らします。安全性は、世界中で調査が行われていますが、極めて高いとのことです。そのため、WHOでは2009年6月に、ロタウイルスワクチンをこどもの最重要ワクチンに指定しております。

 

おたふくかぜ(ムンプス)ワクチン Link

(保育園や幼稚園などに入園前に1回は済ませましょう!)

対象年齢および接種回数

1歳以上で1回目、可能であれば2-4年後に2回目接種(推奨年齢:1歳および3-6歳)

おたふくワクチンは何を予防するの?

おたふくかぜは、軽症の病気とされていますが、実際には様々な合併症を引き起こすため、注意が必要です。小児の合併症としては、髄膜炎(合併率:1-3%)、髄膜脳炎(5000人に1人)が多く、特に髄膜脳炎は毎年30人前後かかり後遺症を残したり死亡したりする可能性があります。また、生まれた後の難聴の原因としてはおたふくかぜによる割合が最も高く、おたふくかぜの後遺症としての難聴の頻度は数百人に1人ともいわれ、年間600名くらい発生していると推定されます。集団生活が始まると感染リスクが高まりますので、入園前には少なくとも1回は接種を済ませましょう。