アレルギー科

当院が力を入れているもうひとつの柱が、アレルギー疾患です。
お子様のアレルギーに関するご相談には、専門的に対応させていただいております。

日本アレルギー学会の専門医一覧
http://www.jsaweb.jp/modules/ninteilist_general/

 

食物アレルギー

・食物アレルギーってどんな病気ですか?

本来害のないはずの食べ物に過敏に反応し、体に良くない症状が起きる病気です。食物アレルギーが起こると、「皮膚が痒くなる、赤くなる、目の周りがむくむ」「喉や口の中が痒くなる」「せきが出る、呼吸困難を起こす」「お腹が痛くなる」「吐く」などの症状を起こすことがあります。ひどい場合には「ぐったりする、意識を失う」などのショック症状を起こすことがあります。

・どのような食物でアレルギー反応をおこしますか?

アレルギー反応を起こすことが多い食物は、卵、牛乳、小麦、大豆、そば、ピーナツ、果物、甲殻類などです。ただし、あらゆる食物でアレルギー反応を起こす可能性があります。

・食物アレルギーの診断はどのようにするのですか?

原因食物の特定には、それまでの実際のエピソードや経過が最も重要です。血液検査で陽性が出たからといって必ずしも食べられないわけではなく、逆に陰性でも症状がでる場合が稀にあります。原因となる食物が分かったら、日々の生活でそれらの食物をとらないようにします。「血液検査をしてみたら、いろいろな食物が陽性だった……!」という場合もありますが、除去する食物は最小限にして、栄養バランスを保つようにしなければなりません。医師や栄養士がアドバイスをしますので、献立を工夫していきましょう。

・将来、食べられるようになりますか?

食べられるようにならない場合もありますが、乳幼児期に発症した卵、牛乳、小麦、大豆などの食物アレルギーは、食べられるようになることが比較的多いです。定期的に受診して検査を行い、食物負荷試験やそれまでの経過などをみて、食べられると判断されれば制限の解除を進めます。独自の判断で食べ進めていくと、思わぬ症状が出てしまう場合もありますので注意しましょう。

・アレルギー症状が出てしまった場合はどうしたらよいですか?

症状が出てしまった場合、まずは安静に。そして、医師と相談して決めた対応を取りましょう。また、すぐに医療機関へ行けるよう準備をしておきましょう。症状が良くなった場合でも、数時間は注意深く経過観察しましょう。様子が少しでもおかしいと思ったときには、すぐに病院へ行きましょう。

・園や学校での対応はどのようにしたらよいですか?

園や学校には、食物アレルギーがあること、どのような食物に反応を起こすか、症状が現れたときにどのようにする必要があるのかなど、事前に協力してほしいことや対処方法などを具体的に相談しておくことが大切です。

 

アトピー性皮膚炎

・アトピー性皮膚炎ってどんな病気ですか?

強いかゆみを伴う湿疹が、繰り返し出現する病気です。年齢により湿疹の分布が異なるのが特徴で、乳児では2カ月以上、幼児~大人は6か月以上湿疹を繰り返します。

・どうしてアトピー性皮膚炎になるのですか?

いちばんの原因は、皮膚のバリア機能障害です。遺伝的な原因で皮膚の保湿成分の産生が少なく乾燥しやすいため、皮膚の潤いを保つことができません。そのため外界からの刺激に過剰に反応し、湿疹を繰り返してしまいます。さらに、アレルギー体質、ホコリや汗、病原体や食べ物など、原因物質が複雑に絡み合って症状を悪化させます。また、痒くて皮膚を引っ掻く→湿疹が広がる→さらに痒みが広がる、という悪循環も、症状を悪化させる理由です。

・どのような治療がおこなわれますか?

まずは、悪化因子(食べ物、汗、掻いたりする刺激、皮膚刺激、ダニ、細菌など)があればそれを検索し取り除きます。次に、治療として大切なスキンケアを行います。毎日入浴して皮膚を清潔に保ち、保湿剤を塗って潤いを保つことで、皮膚炎が起きにくい状態を作ります。それでも湿疹が改善しない場合には、治療薬(ステロイドやタクロリムス)をしっかりと塗ったり、痒みを抑える薬を飲んだりして、皮膚の痒みや炎症を抑えることが大切です。
また、乳幼児では皮膚炎の悪化に食物が関与することがあり、食べ物の関与が疑わしいときにはきちんと対処することが必要です。自己流の食事制限は、栄養のバランスを欠いてお子様の発育に影響を及ぼすことがあります。医師にしっかり相談してください。

・ステロイド軟膏って安全ですか?

ステロイドの副作用である、骨粗しょう症、白内障、胃潰瘍などは、ステロイド薬を長期に飲んだり注射をしたりした場合に起こります。通常の使い方をしていればそうした副作用は起こることはなく、安全とされております(強いステロイドを長期に使用した場合、顔の皮膚が赤くなるなどの副作用が出ることはあります)。経験のある医師の指導の下に使用していれば、心配しなくてもよいでしょう。

・そのほかの治療法はありますか?

現在のところ、ステロイドやタクロリムス軟膏以外にしっかりとした根拠のある薬はありません。食事療法(プロバイオティクスを含む)、残留農薬や食品添加物の回避、漢方治療など、効果のある方もいらっしゃるようですので、試してみるのもよいかと思います。重症な方は、ステロイド療法を中止してしまうのは危険ですので、医師にご相談ください。

 

気管支喘息

・気管支喘息ってどんな病気ですか?

気道の炎症により気管支が狭くなり、ゼーゼー・ヒューヒューとした呼吸音(喘鳴)や呼吸困難を繰り返し起こします。慢性の炎症が長期に続くと、気道が元に戻らなくなる状態(リモデリング)を起こし、喘鳴や呼吸困難が起こりやすくなります。そのため、早い段階からしっかりとした治療が必要となります。

・喘息は治らないのですか? どうして喘息になるのですか?

小児喘息は4歳までに8割近くが発症し、思春期には7割近くが軽快します。
喘息は、いわゆるアレルギー体質と環境因子(環境的な原因)が絡みあって発症します。環境因子には、ダニ・ペット・花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)、ウイルス感染、大気汚染、タバコの煙、気象の変化、精神的なストレスなどがあります。患者さんの気管支が不安定なため、発作が常々起こりやすい状態にありますが、こうした環境因子が引き金となって発作が起きます。喘息発作時には、気管支を取り囲む平滑筋収縮の悪化と粘膜の炎症によって、空気の通り道が狭くなり、喘鳴や呼吸困難を起こします。深夜から明け方にかけて強い咳が出たり、気候や温度の変化、運動によって咳が出たり繰り返したりします。

・どのような検査が行われますか?

アレルギー素因やアレルゲンなどを調べるため、血液検査や皮膚テストが行われます。また、呼吸機能がどの程度であるかを評価するのに呼吸機能検査が行われます。

・どのような治療がおこなわれますか?

治療薬は、発作を予防する薬(吸入ステロイドやロイコトリエン受容体拮抗薬など)、発作を和らげる薬(β2受容体刺激薬など)の2つに分類されます。
吸入ステロイド薬は、ごく少量の薬が気道に到達して気道の炎症を抑えるので、全身への影響が出にくく長期の使用ができます。これらの薬を喘息の重症度、発作の程度などに合わせて、コントロールしていきます。吸入ステロイドの登場で、喘息発作で入院する患者さんは劇的に減少しました。
さらに、発作を防ぐためには薬だけに頼るのではなく、普段の生活をもう一度見直す必要があります。家の中をこまめに掃除して、ホコリ、ダニ、カビ、花粉などを減らすなど、できるだけアレルゲンの除去に務めることが大切です。
喘息の治療は、しっかり症状をコントロールして、健康なお子様と同じような生活を送ることを目標とします。喘息と診断されたときは、「このまま治らないのかな……?」と不安に思われるかもしれませんが、小学校に入る頃になるとほとんど発症しなくなるお子様も多くいらっしゃいます。根気よく治療を続けてください。

 

アレルギー性鼻炎

・アレルギー性鼻炎ってどんな病気ですか?

鼻の粘膜に原因物質(アレルゲン:ダニ、花粉・ペットのフケなど)が入り、鼻の粘膜が炎症を起こした状態をいいます。過剰に反応してしまう体質…すなわちアレルギー体質の人に起こる症状です。

・どんな症状がみられますか?

くしゃみ・鼻水・鼻づまりがみられます(カゼと違って熱が出ることはありません)。目や鼻のかゆみを伴うこともあります。特定の季節になるとこれらの症状が出たりする場合や、長期間にわたって症状が続いたりすることもあります。

・どのようなアレルギー物質に反応しますか? どのように診断しますか?

アレルギー性鼻炎のなかで特に有名なのは、スギによるアレルギー性鼻炎である“スギ花粉症”ですが、そのほかの樹木や雑草の花粉、ダニやホコリ、カビ、犬や猫などのペットのフケなどもアレルゲンになります。聞き取り調査(問診)や血液検査などにより、これらのアレルゲンを特定することが治療への第一歩となります。

・どのような治療をしますか?

まずは、アレルギー反応の原因物質であるアレルゲンを避けることです。花粉の飛散する時期にはマスクをするなど、しっかりとした花粉症対策を立てましょう。そのほか、ダニやほこり、ペットなどがアレルゲンの場合は、室内の環境整備をしっかり行いましょう。次に、抗アレルギー薬の内服や点鼻薬・噴霧用ステロイド薬の投与を行います。いろいろな種類の治療薬があるため、患者さんの症状の程度や薬に対する効果・副作用を考慮しながら、一人ひとりに最も適した薬剤を決定していきます。日常生活での環境を整えることや、薬剤の治療を受けることで、症状を大幅に改善することができます。

・そのほかの治療法はありますか?

近年、スギ・ダニに対する免疫療法が可能となりました(現在のところ、12歳以上の方が対象です)。7割程度の方に症状の軽減や減薬が可能とのことです。ご興味のある方はご相談ください。

 

お知らせ